メニューを閉じる
メニューを開く
November 7-8, 2019
2019-11-07[THU]16:50-17:40
1F ONDEN
TALK SESSION
ダイバーシティってコストも時間もかかる。でもその先に面白くてたまらない多様性があるという事実
The Reality of Diversity & Inclusion - Costly, Taking Time and Difficult to Measure ROI?
ダイバーシティ&インクルージョンが進んだ企業文化を形成するために各企業あらゆる手法を使っているが、それにはコストも時間もかかる。社員それぞれの熱量も異なり、全社員に浸透するまでの道のりは長い。何よりROI(投資対効果)が見えにくいため、志半ばで心が折れそうになることも。しかし、多様性を受け入れた先には、これまでにない世界が待っている!
——ダイバーシティ&インクルージョンが進んだ環境や施策を持つことの「面白さ」を伝えるセッションです。
English
Companies are using various methods to create a corporate culture that promotes diversity and inclusion, but doing so requires time and money. The enthusiasm varies among employees and it is a long road until it is thoroughly instilled in everyone. Above all, it is difficult to see the return on investment (ROI), so some companies even give up before reaching their goal. This session communicates that, “A new world is waiting!” and “just how interesting” it is to have an environment and measures that promote diversity and integration.
Speaker
get tickets
各種チケット販売中!
2日間チケットがお得。